年老いた珈琲豆焙煎屋のブログ

自家焙煎コーヒー豆小売業務に従事して30年、年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲雑記プログ

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ネコポス便でセット商品をポストまでお届け

ネコポス便でシングルオリジンをポストまで

 

安売りバブルもそろそろ

2010年頃、「安売りバブル」で日本経済が沈没するという説を聞いたことがあります。

衣料品、食品、外食を中心に値下げ競争が激しくなって、数多くの消費者が安売り商品に群がっている様子を、かつての「資産バブル」に群がった人たちを連想させるということで、「安売りバブル」と命名されています。

 

モノやサービスの価格が下がると、生産や販売を行う企業の売上げが減少して収益が悪化します。

収益が悪化すると、その企業の従業員の給与が下がるので、ますますモノやサービスが売れなくなってしまいます。

そうすると、ますますモノやサービスの価格が下がり続けるので、景気がますます後退してしまうのがデフレスパイラルのメカニズムだとされています。

 

ですから、「安売りバブル」によって、日本経済がデフレスパイラルに陥ってしまって、日本経済に致命的な痛手を与えるという説が発生したのだと思います。

エカワ珈琲店は、そうなる前に「安売りバブル」がはじけることを期待しています。

 

エカワ珈琲店は零細生業の自己雇用者なのですが、一応、自分たちで生産した商品を自分たちで小売するという商売を営んでいます。

そして、生産者・商人として感じていることなのですが、「安売りバブル」については、そろそろ破裂するような気がしているわけです。

 

モノやサービスの「安売り」といっても、衣料品のユニクロのように安く売るシステムが出来上がっていて、充分に収益を確保している正統派の企業と、資金力を背景にして採算度外視で、競争相手の市場を力づくで奪い取って残存者利益を手にしようとする旧来型の企業の「安売り」があるわけです。

 

前者については、技術革新の成果による価格低下ですから、経済に良い影響を与えることがあっても、悪い影響を与えることなど無いはずです。

問題は、後者の企業なのだと思います。

 

採算度外視で残存者利益を狙う企業によって、何年も何年も苦しめられて来た経験を持っています。

生産した製品を売ることだけ、仕入れた商品を売ることだけを考えた商売で、需要を作ることを考えない旧来型の商売ですが、もうそろそろ限界点に達しているのだと感じています。

 

モノやサービスを価格だけで選択する消費者もいれば、それ以外の何かで選択する消費者もいるわけです。

そして、高所得の国々の経済成長は、それ以外の何かで選択するタイプの消費の部分での成長が中心になるのだと思います。

 

2010年頃、ジーンズの安売り競争で、無料でジーンズを配る店も出現したことが話題になっていました。

エカワ珈琲店の場合、もし無料でコーヒー豆を配るコーヒー屋さんが近所に出現したとしても、それほど影響を受けることもなく、現在の価格でコーヒー豆を売り続けることができるはずです。

 

現在、エカワ珈琲店でコーヒー豆を購入してくれているお客さんは、コーヒー豆を価格で購入するのではなくて、それ以外の何かの理由でコーヒー豆を購入してくれています。

それ以外の何かの理由でコーヒー豆を買ってくれるお客さんは、まだまだ少数ですから、エカワ珈琲店の販売量・販売金額は、昔の繁盛していた頃と比べると相当に減少しています。

理由は、商売を転換するのが遅れてしまったからだと思うのですが、少しずつ、お客さんの数が増加傾向を示しています。

 

このエカワ珈琲店で発生している現象ですが、あちらこちらで発生しているに違いありません。

モノやサービスを価格だけではなくて、それ以外の何かで購入する消費者ですが、相当数存在しているのだと思います。

 

外食企業の値下げ競争が話題になったりしていますが、その値下げした外食企業にお客さんが殺到しているかというと、けっしてそうでは無いみたいです。

かつて、値下げ競争で話題になった外食企業で、現在、経営不振でもがいている企業もあるわけですから。

 

モノやサービスを価格だけで購入する消費ですが、おそらく減少傾向(or飽和状態)にあるのだと思います。

その減少傾向(or飽和状態)にある市場で商売をしていても、厳しい競争に巻き込まれてしまって、近い将来、行き詰って市場から退場する企業が続出するはずだと、期待を込めて推察しています。

 

資金力を背景にして残存者利益を追求するある程度の規模の企業が退場してくれるだけで、日本の経済構造も変わる可能性が高いわけです。

日本の経済構造が小規模な事業者に有利な方向に変化するだけで、日本経済に明るい未来が到来するはずです。

おそらく、もう少しのところまで来ているのだと思います。