年老いた珈琲豆焙煎屋のブログ

自家焙煎コーヒー豆小売業務に従事して30年、年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲雑記プログ

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ネコポス便でセット商品をポストまでお届け

ネコポス便でシングルオリジンをポストまで

 

良質のコーヒー生豆

コーヒーの香味は、コーヒー生豆の品質次第だと、よく言われます。

エカワ珈琲店も、そのとおりだと感じています。

どのように上手く焙煎できたとしても、コーヒー生豆の品質以上の香味は作れません。

 

品質の良いコーヒー生豆は、少々、大雑把に焙煎しても、それなりの香味に煎りあがります。

もし、上手に焙煎することができれば、本当に美味しいコーヒーが出来あがります。

 

しかし、品質のあまり良くないコーヒー生豆は、よほど上手に焙煎してやらないと、それなりの香味にはなりません。

まして、大雑把に焙煎すれば、不味いコーヒーが出きるだけです。

 

小規模なコーヒー豆の焙煎屋は、できるだけ良質のコーヒー生豆を手に入れることが必要だと考えています。

しかし、焙煎技術の向上に努めることも重要だと思います。

焙煎技術が大雑把だと、せっかく良質のコーヒー生豆を手に入れても、ムダになってしまいます。 

 

良質のコーヒー生豆を使用してコーヒー豆を焙煎すれば、未熟な焙煎技術しかなくても、それなりの香味のコーヒーに仕上がります。

エカワ珈琲店も、10年くらい前、ある理由があって、しかたなくコーヒー生豆の購入先を変更してから、思いがけず良質のコーヒー生豆が手に入るようになりました。

 

災い転じて福となすとは、このことです。

ですから、自分の焙煎技術を錯覚してしまう可能性があります。

「自戒しなければ」、そう考えています。