【珈琲物語】年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲物語

年老いた珈琲豆焙煎屋は、連れ合いと2人だけで零細生業パパママ規模のコーヒー豆自家焙煎店を和歌山市で営んでいます。その店の屋号は「エカワ珈琲店」です。そのエカワ珈琲店が発信しているコーヒーストリーを楽しんで頂けたら幸いです

カフェイン含有量(Caffeine Content)

wikipediaより引用

コーヒーのカップ1杯に含まれるカフェインの量は、主として、コーヒーの淹れ方によって変ります。

使用するコーヒー豆が、アラビカ種かロブスタ種かによっても違ってきます。

 

アメリカン・ダイエティック・アソシエーションが発行している『Journal of American Dieteic Association』によると、コーヒーの淹れ方別カフェイン含有量は次のとおりです。

  コーヒーの量 カフェイン含有量
Brewed 7オンス 207ml  80~135mg
ドリップ 7オンス 207ml 115~175mg
エスプレッソ 1.5~2オンス 45~60ml 100mg

Coffee - Wikipedia, the free encyclopedia より引用

※Brewedの意味が理解できません。もしかしたら、インスタントコーヒーorコーヒーマシーンで淹れたコーヒーではとも思うのですが?

 

コーヒーに含まれているカフェインの含量を、カフェイン含有量と呼ぶこともあります。

1杯のコーヒーには、約1.5グレーン(0.0972g)のカフェインが含まれています。

コーヒーのカップ1杯に含まれるカフェインの含量は、コーヒーの淹れ方によって違ってくると言われています。使用するコーヒー豆が、アラビカ種かロブスタ種かによっても違ってきます。

 

アラビカ種のコーヒー生豆に含まれるカフェイン量は、コーヒー生豆重量の1.3%前後、ロブスタ種のコーヒー生豆に含まれるカフェイン量は、コーヒー生豆重量の2%以上となっています。

焙煎コーヒー豆の煎り加減が深くなればなるほど、焙煎コーヒー豆1粒に含まれるカフェイン含有量の比率が高くなります。

同じ淹れ方でコーヒーを淹れたとしても、焙煎コーヒー豆の挽き具合が異なれば、カップコーヒーに含まれるカフェイン量も違ってきます。

 

使用するコーヒーの粉とお湯の量の割合によっても、カップコーヒーに含まれるカフェイン量が違ってきます。

浸漬法、透過法と、コーヒーの淹れ方が異なれば、カップコーヒーに含まれるカフェイン量が異なります。

浸漬法で淹れたコーヒー、特にコーヒーの粉をコーヒーサック(紙袋)に入れて湯に浸漬させてコーヒーを淹れる方法では、カフェイン含有量が多くなります。

 

一方、カフェインは熱い湯によく溶けるわけですから、パーコレーターやエスプレッソで淹れる方法では、浅く焙煎したコーヒー豆からより多くのカフェインを抽出します。 

  朝煎り 中煎り 深煎り
コーヒーサック(粗挽き) 0.046 0.045 0.054
パーコレーター(粗挽き) 0.068 0.065 0.060
エスプレッソ(細挽き) 0.069 0.062 0.061

Coffee―Wikipedia]より引用した表です