セルフコーヒーの時代

客がコーヒーをレジで受け取るセルフコーヒー型店舗としては、ドトールコーヒー(約1100店舗)、スターバックスコーヒー(約950店舗)が目だっていますが、店舗数最大のマクドナルド(約3300店舗)やコンビニチェーンもセルフコーヒーの分野で頑張っているのだと思います。

 

コンビニ大手のサークルKサンクスが、もうすぐマクドナルドを抜いて、客が注文して自分で受け取るセルフコーヒーの店舗数で日本一となる見通しになったことが、この12月13日に判明しました。
(2011年/Yohooニュース、時事通信)

 

サンクスは、オフィス街や繁華街を中心に展開していたセルフコーヒーのシステムを幹線道路沿いの店舗にも拡大して、11月末には約3200店舗で導入を完了しています。

今月(12月)中には、取り扱い店舗を3500店舗に拡大して、最終的には約6200店舗のサンクス全店にセルフコーヒーのシステムを導入する予定だとあります。

 

コーヒーが主力の喫茶店業界も、そろそろ面白い時代に突入しようとしているのだと思います。

セルフコーヒーが、働く人たちのライフスタイルとして定着すれば、地方の町のビジネス街に位置するエカワ珈琲店も面白い商売を営めるかもしれません。

 

その昔、日本の喫茶店の全盛時代、ビジネス街の喫茶店は、朝の早くからお客さんで溢れていました。

それが、オフィスコーヒーサービスに取って代わられ、現在のビジネス街のコーヒー需要は、オフィスコーヒーサービス全盛です。

 

近い将来、セルフコーヒー型喫茶店が、ビジネス街のコーヒー需要のある程度の部分をカバーする時代がやって来る可能性もあります。

アメリカは、もうすでに、そのような状況になっています。

 

地方の町のビジネス街に位置するエカワ珈琲店にも、面白いコーヒー商売を営むことができる時代が、もうそこまでやって来ているのかもしれません。

ちなみに、エカワ珈琲店が考えている喫茶店商売は、セルフコーヒー型の喫茶店か会員制型の喫茶店です。