年老いた珈琲豆焙煎屋のブログ | エカワ珈琲店

和歌山市のお城の近くで、エカワ珈琲店という屋号の自家焙煎コーヒー豆小売専門店を営んでいます。30年の歴史を持っていますが、今も昔も、夫婦2人だけで営む零細生業パパママ店のままです。そのエカワ珈琲店が発信する珈琲ニュースレターです。

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ショピング案内ページは⇒コチラ

 

エイジングコーヒー/Aging Coffee

美味しいコーヒーを淹れるための最初のステージの一つ、それがコーヒー生豆エイジングのステージだとエカワ珈琲店は考えています。

一般的に、コーヒーにそれほど興味の無い人には、エイジングコーヒーとオールドコーヒー、この2つは同じように見えるかもしれません。

しかし、実際には、かなり異なっています。

 

オールドコーヒー豆を使ってコーヒーを淹れると、気の抜けた香味のあまり美味しくないコーヒーが出来上がります。

何も考えずに倉庫に長期間保存していただけのオールドコーヒー豆は、時間の経過とともに、その品質を劣化させています。

 

エイジングコーヒー豆は、違います。
エイジングコーヒーは、コーヒー豆の持つ自然の風味(もともとの風味)を改善する目的で、数年間、特別な保管所にて保存して作られるコーヒー豆です。