年老いた珈琲豆焙煎屋のブログ

自家焙煎コーヒー豆小売業務に従事して30年、年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲雑記プログ

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ネコポス便でセット商品をポストまでお届け

ネコポス便でシングルオリジンをポストまで

 

スターバックスと日本の個人経営の喫茶店

キーコーヒーが個人経営の喫茶店を、コーヒーチェーン店に対抗できるような店舗とするための支援事業を始めるとのことです。

キーコーヒーの売上の4割は業務用の卸売りとのことですが、その主要顧客である個人経営の喫茶店舗の弱体化が進みすぎていて、コーヒー会社の収益を改善するためにも、個人経営の喫茶店舗へのテコ入れが必要になってきているとのことです。 

キーコーヒー 缶モカブレンド 340g

キーコーヒー 缶モカブレンド 340g

 

 

その対抗方法ですが、「割安な大手コーヒーチェーンに、価格ではなくて品質で勝負する」方法を採用、そのノウハウを全面的にキーコーヒーが提供・支援するとのことです。

 

でも、考えてみれば、アメリカの喫茶店は商圏人口1万人の商売を営んでいて、日本の喫茶店は商圏人口800人の商売を営んでいるのですから、日本の喫茶店の競争相手はスターバックスではなくて、コンビニやファミリーレストラン、ハンバーガーやドーナツやサンドイッチのファーストフードの店、それにオフィスコーヒーなのだと思います。

ekawa.hatenadiary.jp

 

現在の日本の喫茶店の状況ですが、商圏人口1万人の喫茶店市場は成長を続けていて、商圏人口800人の喫茶店市場は縮小・衰退を続けているのだと思います。

そして、商圏人口800人の喫茶店市場にて商売を営む個人経営の喫茶店については、まだまだ、店舗数が減少していくのは避けられないのだと思います。