コーヒー1杯当たりのカロリーはどれくらい?

文部科学省の日本食品標準成分表を基に作成された『食品成分データべースによると、添加物を何も添加しないブラックコーヒーなら、コーヒー浸出液1杯のカロリーは約4キロカロリーとなっています。

しかし、クリーム類(コーヒーホワイトナー)を加えて(添加して)飲むホワイトコーヒーなら、クリーム類(コーヒーホワイトナー)を10ミリリットル加えると、20~25キロカロリーがプラスされます。

 

砂糖を10g加えると、さらに39キロカロリーがプラスされて、両方ともに加えると加えると、60~65キロカロリーとなります。

コーヒー浸出液それ自体なら、ほとんどカロリーを気にする必要が無いと思いますが、カフェラテなど、今流行りのアレンジコーヒーは、クリーム類や砂糖を使って加工するわけですから、その分カロリーの高い飲み物になるとエカワ珈琲店は考えています。

 

しかし、カロリーの存在をほとんど感じないブラックコーヒーよりも、1杯当たりのカロリーが相当に高くなっているホワイトコーヒーのほうが人気があるようです。

特に、若い人たちには、ホワイトコーヒー派が圧倒的に多いように感じられます。

 

関連ストーリー

上記『コーヒー1杯のカロリー』の記事は、『コーヒー1杯当たりのカロリーはどれくらい?』の記事を基にして、それに新たな内容を書き足しています。