クロロゲン酸がアルツハイマーを予防する

5-カフェオイルキナ酸、またの名をクロロゲン酸と呼ぶ化合物は、コーヒー酸とキナ酸が結合しているポリフェノール化合物で、コーヒー生豆には10%程度と多量に含まれています。 アルツハイマー病とは、βアミロイドタンパクと呼ばれる異常なタンパク質によって脳の神経細胞が死んでしまう病気で、進行性の記憶障害・認…