珈琲マーケティング

零細生業パパママ店でも、ブランディングは必要なのだと思います。

エカワ珈琲店ですが、30年近くの間、ここ和歌山市で自家焙煎コーヒー豆小売専門店を営んでいます。ですから、「煎りたてで香りの良いコーヒー豆を売っている」ということで、ここ和歌山市では、知っている人は知っている自家焙煎コーヒー豆小売専門店です。…

エカワ珈琲店の店主夫婦は猫語が理解できて、愛猫たちは人間語(日本語)が理解できるので、十分にコミュニケーションが取れています

エカワ珈琲店の愛猫ピュー(娘)が生まれたのは1998年の3月10日で、エカワ家にやって来たのは1か月後の4月中頃です。 妹の愛猫モモ(娘)が生まれたは1998年の4月29日で、エカワ家にやって来たのは5月の末頃です。 姉の愛猫ピューは、生家まで…

複業も、やはり珈琲で稼ぐのが一番簡単だと考えています

去年(2016年)の春から去年(2017年)の12月末にかけて、自家焙煎コーヒー豆小売販売と公的年金以外に副収入を作ろうと、ブログ記事の収益化努力を積み重ねて来たつもりです。そして、今年(2018年)も、その努力を続けて行くつもりです。

「人の倍働く」が通用しなくなって、小規模零細商売の衰退が始まりました

30年前の昭和の時代の小売業界・飲食業界は、大・中・小の棲み分けができている業界でした。大手・中規模の事業者が、小規模零細事業者の領域に入って来て事業を営むことなど、まず有り得ないことでした。

脱サラした頃と、その後・・・

1992年の1月、脱サラを決意して、母親が細々と営んでいた、コーヒー豆の焙煎加工小売業を手伝うことにしました。 いろいろと面白くないことが重なっていたので、再出発するつもりで、脱サラを決意した次第です。

小規模零細な製造小売事業者の利点は・・・

小規模零細の製造小売事業者の利点は、価格競争をしなくても商売が成り立つことだと考えています。 自分たちで作った独自の商品を、独占的に自分たちで小売販売しているわけですから、価格競争が発生しないのは道理です。

消費者アンケート調査

消費者アンケート調査でこういう結果が出ています、だから、商品の値段はこれくらいにして、こういう商品をそろえることにして、このようなサービスを実施するべきです。ということで、消費者アンケート調査を分析して、それに沿った商売を実行したとしても…

珈琲おたくですから、アフリエイトもコーヒーで・・・

コーヒーは世界で一番飲まれている嗜好飲料で、日本でも、数多くの人たちに愛されている嗜好飲料です。ということで、コーヒーコンテンツは、アフリエイトのニッチ市場なのかもしれないと考えています。

江戸徳川幕府時代の生業商売

江戸徳川幕府の時代は、江戸・大阪・京都といった都市や大名の城下町には武士・町民が居住して、それ以外の農村部には百姓が居住するとされていた時代です。 田畑を耕す人たちだけでなくて、商工業に従事する人たちも、農村部に住んでいれば、皆、百姓と呼ば…

お客さんがいなければ、仕事(お金の稼げる)が無ければ

商売を営んでいても、商品やサービスを購入してくれるお客さんが存在しなければ、商売を継続することができません。需要が無ければ、商売を続けることなど不可能です。 そして、商品やサービスが売れなければ、ようするに仕事がなければ、店舗・事業所を構え…

商売も生きているわけですから

「商売が生きている」こと、「生きた商売を営んでいる」こと、それが大事なのだと考えています。約20数年間、自営業者として商売を営んで来た経験から、そのように考えています。 商売も人の人生と同じなのだと思います。生まれたばかりの頃、やんちゃ盛り…

買ってみたいと思う商品を、買ってもよいと思える価格で売って行くつもりです

21世紀に入ってから、特に2003年以降のエカワ珈琲店ですが、訳の分からないうちに昔ながらの地域密着商売が成り立たなくなってしまって、その結果として、大幅に商売の仕方が変わってしまいました。 日本を含めて、先進国と呼ばれている国々は全てそう…

80%までなら、90%までなら、でも、それ以上は・・・

コーヒー豆を焙煎加工して、お客さんに買ってもらうことが、エカワ珈琲店の主たる仕事です。 その焙煎加工の技術ですが、80%のレベルまでなら、ある程度の経験を積み重ねれば、比較的簡単に到達することができるのだと思います。 そして、その80%のレ…

零細生業商売の拠点は自宅が一番だと考えています

エカワ珈琲店の店舗ですが、和歌山県庁・和歌山市役所や中央官庁の和歌山庁舎、それに博物館や美術館・図書館といった文化施設、証券会社・保険会社・都市銀行の支店・支社が集積している和歌山城周辺地域に立地しています。 役所や金融機関が集積している和…

地域密着型ネットワーク商売

2010年の地方の町ですが、高齢化に雇用の減少、それに賃金の低下と、いろいろな要因が重なって所得デフレの状況が深刻化しつつありました。 低所得世帯が増加傾向にある地方の町で流通小売の商売を営むなら、どのような小売商売が有効なのだろうかと考え…

エカワ珈琲店が実践しているオンラインを利用したマイクロビジネス

エカワ珈琲店は自家焙煎コーヒー豆小売業(マイクロビジネスです)が主たる仕事ですが、オンラインを利用するマイクロビジネスにも挑戦しています。 自家焙煎コーヒー豆小売りという仕事も、オンラインを利用して営む仕事も、どちらもエカワ珈琲店が営むマイク…

頑張らないのが生業商売

もし、頑張らないで気楽に働きながら楽しく人生を過したいと考えるなら、生業規模の家族営業で、住居兼店舗、住居兼事業所という感じの商売を営むに限ります。 仕事場イコール住居ですから、仕事と生活の境目があやふやで、日常生活の延長として仕事をこなし…

家内商店(家内工場)

エカワ珈琲店は家内商店で、従業員は夫婦2人だけです。 そのような生業商売を、もう20年以上も続けていて、毎日、気楽に働いています。 脱サラして商売を始めたわけですから、事業規模を拡張したいと考えていた時期もあります。 それが、数々の失敗を重ね…

コーヒー豆自家焙煎店の焙煎コーヒー豆はカスタムメイド商品だと考えています

マスマーケットのお客さん向けに販売されていて、スーパーマーケットやコンビニエンスストアーで気軽に購入できる焙煎したコーヒー豆が、レギュラーコーヒー豆なのだと思います。 エカワ珈琲店は、万人向けでは無くて、エカワ珈琲店とコーヒーの好みを同じく…

エカワ珈琲店流、ディスカウントサービス心得3か条

例えば、焙煎コーヒー豆を買い求める消費者は、焙煎コーヒー豆という商品に支払っても良いと考えている価格イメージを持っているのだと思います。 そして、その価格イメージは、売り手が設定している価格と同じであることは稀なのだと思います。 (スタンプタ…

コーヒー豆自家焙煎店が大手コーヒー企業に接近戦を挑まれた時のマーケティング

エカワ珈琲店が、もし、大手・中堅のコーヒー企業に接近戦を挑まれたとしたら、どのように対処するべきなのかについて考えてみました。 エカワ珈琲店のような零細生業パパママ店が、大企業(大資本)と真正面から競争しても勝ち目などあるはずがありません。 …

零細生業パパママ店が、ウォーターベッド効果の犠牲にならない方法

大手小売事業者は、その購買力・販売力を背景にして、納入業者から安い価格で商品を仕入れることで、コストの削減と収益の拡大が可能となります。 納入業者は、大手小売事業者からの値下げ要求に対して、効率化で対応しようとするのですが、それでも対応でき…

焙煎コーヒー豆をママチャリで配達していた時期もありました

40歳になってから覚えた水泳が面白くなってしまって、40代、50代と、スポーツジム通いに夢中なってしまって、さらに50代には、周りの人たちに誘発されてランニングにも興味を持ってしまって、さらにさらに50代の中頃には、自転車にも興味を持って…

エカワ珈琲店の反省

21世紀に入ってからの十数年間、エカワ珈琲店は、停滞、低迷、衰退を続けていて、焙煎コーヒー豆の販売量も売り上げも、全盛期の3分の1以下にまで落ち込んでいます。 大手コーヒー企業との闘いに敗れたということも影響していると思うのですが、それだけ…

エカワ珈琲店の自営業者マーケティング心得

エカワ珈琲店の自営業者マーケティング心得/販促品、名刺、同業者との交流、お客様名簿の作成 店名・電話番号・WEBサイト・キャッチフレーズなどを記載したカレンダーを作成して、お客さんに配布する。 店の名刺を作成して、経営者の名前・店名はもちろ…

エカワ珈琲店の財産は、インターネット内に蓄積保管しているコンテンツだと考えています

インターネットの登場・普及によって、誰もが簡単に情報(コンテンツ)を発信できるようになりました。 田舎の年老いた貧乏な商売人であっても、簡単に自分で情報(コンテンツ)を発信することができます。 一昔も前なら、貧乏な商売人が奮起して情報を発信する…

焙煎コーヒー豆とは、個々のお客さん向けにカスタムメイドされた商品だと考えています

マスマーケットのお客さん向けに販売されている、気軽に購入できるコーヒー豆が、レギュラーコーヒー豆なのだと思います。 エカワ珈琲店は、万人向けでは無くて、エカワ珈琲店とコーヒーの好みを同じくするお客様向けに焙煎加工したカスタムメイドのコーヒー…

グローバル経済とコミュニティービジネスの関係について考えました

先日、上海から焙煎コーヒー豆を配達できないかという問い合わせが、和歌山市のエカワ珈琲店に届きました。 エカワ珈琲店の39番地ブレンド(400g×3袋=1.2㎏/3000円)なら、送料2100円を支払っても、上海では、煎りたて、新鮮、香りの良い…

零細生業パパママ店は、マス市場でなくてロングテール市場で・・・

大量生産・大量消費のマス市場ですが、1990年代から2015年の現在にかけて、毎年・毎年、市場の縮小が続いているのだと思います。 小規模・零細商店の減少やシャッター商店街が、そのことを証明しているのだと思います。 売れ筋商品だけを取り扱っていた…

脱サラした頃

1992年の1月、脱サラを決意して、母親が細々と営んでいた、コーヒー豆の焙煎加工小売業を手伝うことにしました。 いろいろと面白くないことが重なっていたので、再出発するつもりで、脱サラを決意した次第です。 喫茶店では食べていけなくなってしまって、何…