年老いた珈琲豆焙煎屋のブログ

自家焙煎コーヒー豆小売業務に従事して30年、年老いた珈琲豆焙煎屋が発信する珈琲ニュースレター

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ネコポス便でセット商品をポストまでお届け

ネコポス便でシングルオリジンをポストまで

 

未登録

年老いて行くわけですが

これからの日本ですが、高齢化社会ということで、団塊の世代が皆一緒に年老いて行くわけですから、昭和の時代のように、商店の経営者が年老いて行くに従って、お客さんが急速に減少して行くということは有り得ないと思っています。

立地に依存しない商売と、立地を利用する商売と

零細生業商店の立地に依存する商売が通用したのは、前世紀の事なのだと思います。現在の商店街の状況を見れば、その事を理解することができます。もちろん、エカワ珈琲店は立地に依存する商売からは脱却しています。ですから、零細生業のパパ・ママ店なので…

零細生業型ロングテールビジネス

20年くらい前の昔、10杯~12杯用のコーヒーメーカーの価格は1万5000円~2万円くらいだったと記憶しています。 2014年の現在、10杯~12杯用のコーヒーメーカーの価格は、その半分から3分の1くらいに安くなっています。 10人から十数…

グローバル経済下の競争で生き残るためにも

日本のコーヒー業界と違ってアメリカのコーヒー業界ですが、新陳代謝が活発で、事業規模を背景とする商売に依存したりしていると、衰退あるのみという状況となっています。 アメリカではコーヒー業界だけではなくて、その他の多くの業界でも新陳代謝が活発で…

未来の商売への戦略

エカワ珈琲店の過去の出来事については、「ああだった、こうだった」と振り返ることも、「ああすれば良かった、こうすれば良かった」と反省することも、「あのせいで、こうなってしまった」と分析してパターン化することも可能なわけです。 でも、エカワ珈琲…

町に奉仕する商売

街中で営業している流通小売の店や飲食店ですが、基本的には、その町に奉仕する商売なのだと思います。 ですから、商売の基本型は、地域密着型ということになります。 地域密着型の商売は、その町の人口や年齢構成・商売の競合状況など、その町の需要構造の…

最高品質の焙煎コーヒー豆を適正なお手頃価格で

20年くらい前の昔、我がエカワ珈琲店が自家焙煎のコーヒー豆を売り始めた頃、毎日がバーゲンセールというキャッチフレーズを採用していました。 ようするに、薄利多売をモットーとする、コーヒー豆の安売り店だったわけです。 その頃、ここ和歌山市内で、…

目に見えない何か

コーヒー豆については、間違いなく、供給が需要を上回っています。 ですから、何もしないで、お客さんがコーヒー豆を買いに来てくれるのを待っているだけでは、コーヒー豆が売れることなど有り得ません。 ということで、コーヒー豆を売るためのマーケティン…

日本のコーヒー市場では

コンビニコーヒーの大ヒットの影響からか、コーヒー業界の話題に注目が集まっています。 コンビニコーヒー躍進の影響で、缶コーヒーの売り上げが激減しているという話を聞きます。 それに加えて、オフィスコーヒーサービス事業にも、相当な影響を与えている…

商売人の錯覚

地方の町の中央卸売り市場ですが、昔の繁栄なんて遠い日の夢物語で、青息吐息の状態になっていて、国から補助金をいただけるけれども制約も多い中央卸売り市場から、補助金をもらえなくても制約が少なくて自由な商売が可能な地方市場に転換しようかなんてい…

日本でも、そろそろ第3の波が始まっているのかもしれません

アメリカのスーパーマーケットの商品棚には、大手コーヒー豆焙煎企業であるマックスウェルコーヒーハウス、フォルジャーズ、ヒルズブラザーズ、MJBの焙煎コーヒー豆がぎっしりと並べられているとブログ記事で読んだことがあります。 大量生産・大量消費型…

コーヒーテイスターズフレーバーホイール

Coffee Taster's Flavor Wheel (コーヒーテイスターズフレーバーホイール)のポスターを、先週、コーヒー生豆を仕入れさせて頂いている総合商社のコーヒーチーム様から頂戴しました。 フレーバーホイールの写真については、インターネットで検索すれば数多くU…

アメリカ経済をけん引している産業は…

1年前にインフレットターゲットを導入したアメリカでは、ニューヨーク証券取引所の平均株価が過去最高を記録し続けていて、アメリカ経済は順調に推移しているように見えます。 日本も、今年、日銀がインフレットターゲット導入を宣言して、アメリカに続こう…

エカワ珈琲店の経験から/優位性

エカワ珈琲店の商売上の優位性について、自分なりに考えてみました。 エカワ珈琲店の店舗は、先祖が残してくれた自己所有の物件で、住居と店舗が一緒になっています。賃貸店舗ではありませんから、家賃を必要としません。住居兼店舗ですから、通勤の必要もあ…

【削除予定】スマートフォンを買いました

一昨日、金曜日(7月27日)の夕方、スマートフォンを買いました。 ほとんど使うことのなかった我が家にたった1台の携帯電話を、スマートフォンに機種変更したわけです。 で、昨日・今日と、スマートフォンと格闘していました。携帯電話は満足に使えなかっ…

フォーマルな経済と補完経済

経済活動には、フォーマルな経済活動(正式な経済活動)と補完的な経済活動があるそうです。 何らかの競争が存在する市場での経済活動は、間違いなくフォーマルな経済活動ということになります。 これに対して、非市場的で競争が存在するとしてもほんの少しだ…

シングルソース(orシングルオリジン)市場増殖中

アメリカでの話しですが、シングル・ソース(Single-sourced )、あるいはシングル・オリジン(single-origin)のコーヒー市場が成長を続けているということです。シングル・ソース(orシングル・オリジン)市場の成長をけん引しているのは、街中の喫茶店と飲食店…

エイジングコーヒー/Aging Coffee

美味しいコーヒーを淹れるための最初のステージの一つ、それがコーヒー生豆エイジングのステージだとエカワ珈琲店は考えています。 一般的に、コーヒーにそれほど興味の無い人には、エイジングコーヒーとオールドコーヒー、この2つは同じように見えるかもし…

スタンプタウンコーヒーの拡大戦略

ニューヨークタイムズのサイトで、「Stumptown Expands With the Help of a Powerful Investor」と題する記事を見つけました。 ロックンロール的な乗りのバリスタが、良質のコーヒーを提供することで人気を博しているオレゴン州ポートランドのコーヒー企業、…

さらぱ、オフィスコーヒーサービス

電力不足に対応するために節電が必要とのことで、官公庁や地方公共団体の施設や学校での節電対策のニュースが流れています。 役所や学校・公共施設で電力を使用する設備や備品は、すべて予算で設置したり購入したものですから、庁舎・施設の管理部門が全てを…

コーヒー生豆の天敵、それは酢酸菌

品質の悪いコーヒー生豆、古くなったコーヒー生豆の持っている、あの何とも言えない嫌悪感を感じる酸味、その原因のほとんどが、コーヒーの果実やコーヒー生豆に付着している雑菌、酢酸菌(さくさんきん)にあるのだと考えています。 『酢酸菌』をウィキペデ…