年老いた珈琲豆焙煎屋のブログ | エカワ珈琲店

年老いた珈琲豆焙煎屋は、連れ合いと2人だけで零細生業パパママ規模のコーヒー豆自家焙煎店を和歌山市で営んでいます。その店の屋号は「エカワ珈琲店」です。そのエカワ珈琲店が発信しているコーヒーストリーを、もしよろしければ・・・

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ショピング案内ページは⇒コチラ

 

未登録

恋人は緑の風の中は、思春期の少年少女の原風景を描いた映画

有線テレビの日本映画専門チャンネルで、1974年に公開された日本映画「恋人は緑の風の中」を見ました。先日、有線テレビの日本映画専門チャンネルで「恋人は緑の風の中」を見るまで、この日本映画の存在を知らなかったわけですが、この映画でデビューし…

モチベーションが減少すれば

支払いに追われて、お金の工面ばかりを考えていると、モチベーションが消滅して行きます。お金の工面が原因でモチベーションが減少して行けば廃業が待っているだけです。

ドラマ「ひよっこ」の時代

昭和39年、東京でオリンピックが開催された年、このブログの管理人は13歳で中学1年生でした。 2017年4月~2017年9月の6か月間、NHKで毎日15分間放映された連続テレビドラマ「ひよっこ」の主人公が、地元の高校を卒業して茨城県の田舎町…

ニューヨークに世界各地から数多くの旅人たちがやって来る理由

ニューヨークは世界一の観光都市ですから、毎日毎日、世界各地から数多くの旅人たちがやって来ます。 世界各地からニューヨークにやって来る旅人たちは、自然の景観やアウトドアスポーツを楽しむことを目的にやって来ているわけではありません。

台風の影響で、パソコンとテレビと電話が使えなくなってしまって

台風の影響で、日曜日の夜、インターネット(パソコン)とテレビと電話が使えなくなってしまって、復旧するのに丸一日以上の時間が必要でした。(ブースターの故障でした) エカワ珈琲店は通信販売中心の商売をしていて、Webか電話で焙煎コーヒー豆の注文を頂戴…

ローカル商売に関する洞察、誰もが周りを見回している

ローカル商売で繁盛するということは、商売をしている者にとって大変大切で大変重要なマーケティング戦略なのだと、近頃、反省を込めてそのように考え始めています。 そして、ローカル商売には、生活圏(orローカル)に基礎を置く商売が適しているのだと考えて…

1年間、習慣から遠ざかると

お酒を少しでも飲めば、すぐに顔が真っ赤になって、翌日は二日酔いになってしまいます。50歳になる3年くらい前に、1日60本くらい吸っていたタバコを、ピタリとやめました。

付加価値を決めるのはお客さんだから

脱サラして約25年、その約25年間の商売体験に基づく付加価値に関する経験則を書きます。 零細生業パパママ店が頂戴できる付加価値ですが、商店経営者が勝手に決めるものではなくて、お客さんが決めてくれるものなのだと思います。

商売人の錯覚

地方の町の中央卸売り市場ですが、昔の繁栄なんて遠い日の夢物語で、青息吐息の状態になっていて、国から補助金をいただけるけれども制約も多い中央卸売り市場から、補助金をもらえなくても制約が少なくて自由な商売が可能な地方市場に転換しようかなんてい…

日本でも、そろそろ第3の波が始まっているのかもしれません

アメリカのスーパーマーケットの商品棚には、大手コーヒー豆焙煎企業であるマックスウェルコーヒーハウス、フォルジャーズ、ヒルズブラザーズ、MJBの焙煎コーヒー豆がぎっしりと並べられているとブログ記事で読んだことがあります。 大量生産・大量消費型…

コーヒーテイスターズフレーバーホイール

Coffee Taster's Flavor Wheel (コーヒーテイスターズフレーバーホイール)のポスターを、先週、コーヒー生豆を仕入れさせて頂いている総合商社のコーヒーチーム様から頂戴しました。 フレーバーホイールの写真については、インターネットで検索すれば数多くU…

小規模・零細商店であっても・・・

大量生産・大量消費のマス市場ですが、1990年代から2013年の現在にかけて、毎年・毎年、市場が縮小を続けているのだと思います。 小規模・零細商店の減少やシャッター商店街が、そのことを証明しているのだと思います。 売れ筋商品だけを取り扱って…

自営業者を優遇すれば、ライフサイクルも変わる

アメリカでは、株価は史上最高値を更新していて失業率も低下傾向にあるのに、アメリカの生活保護制度であるフードスタンプの受給者数は約5000万人と高止まりしているとのことです。

2013年6月21日の我が家の出来事

真夜中、愛猫の一人が、何回も何回もトイレに通っています。 心配になって、トイレを確認したところ、何回も何回も、砂がほんの少しだけ濡れています。 どうも、下痢になっているみたいです。 15歳になる高齢の猫ですから、心配で心配でしかたがありません…

自営業者、小規模零細企業が日本経済を支える

賃金が高くて安定した職場である製造業の生産性がものすごく高くなって、労働力をそれほど必要としなくなって、賃金が安くて不安定な職場である流通サービス業へと労働力が移動して行きました。それと、グローバル経済の活性化が、日本のデフレ経済の原因な…

エカワ珈琲店のローカル商売

エカワ珈琲店の収入ですが、全盛期の半分くらいに減少しています。 半分に減少しているのですが、その収入が今の半分くらいにまで減少したとしても、同世代の再就職していない公務員OB(年金生活)の収入と同じくらいか、少しだけ多いくらいの収入を確保でき…

もう少し店舗を活性化したいものです

私事ですが、健康と体力維持を目的に、1週間に少なくて3日、多ければ5日、30分~1時間くらい歩くことにしています。 歩くルートですが、連絡があればいつでも帰宅できるようにと、殆どの日は、和歌山のお城の周りを歩いています。 お城の周りなら、ど…

アメリカ経済をけん引している産業は…

1年前にインフレットターゲットを導入したアメリカでは、ニューヨーク証券取引所の平均株価が過去最高を記録し続けていて、アメリカ経済は順調に推移しているように見えます。 日本も、今年、日銀がインフレットターゲット導入を宣言して、アメリカに続こう…

自営業者・自己雇用者が増加すれば、日本経済は活性化するはずです

Chikirinさんの日記の「縮む市場でめちゃめちゃ縮むビジネス」を読んでいて、「そうだったんだよな~」と、何となく、これまでの20年間近くのエカワ珈琲店の商売の軌跡を振り返ってしまいました。 10数年前に最盛期を迎えていたエカワ珈琲店は、…

コーヒー生豆の保管部屋

我がエカワ珈琲店ですが、狭い敷地内に、鉄筋コンクリート2階建ての家屋と木造2階建ての家屋があります。 鉄筋コンクリート2階建ての家屋は、1階が店舗として、2階を住居として利用することにしています。 木造2階建ての家屋は、1階部分をコーヒー豆…

ディドロ効果を実感しています

暮らしの中にこれまでとは違う「価値水準」「雰囲気」「イメージ」「ニュアンス」を持つ物が入ってくると、既にあった他のものを捨て、新たに入ってきた物にマッチする物品を購入するという行動を取らせる効果の事をディドロ効果と呼んでいます。 人の消費行…

エカワ珈琲店の経験から/優位性

エカワ珈琲店の商売上の優位性について、自分なりに考えてみました。 エカワ珈琲店の店舗は、先祖が残してくれた自己所有の物件で、住居と店舗が一緒になっています。賃貸店舗ではありませんから、家賃を必要としません。住居兼店舗ですから、通勤の必要もあ…

シングルソース(orシングルオリジン)市場増殖中

アメリカでの話しですが、シングル・ソース(Single-sourced )、あるいはシングル・オリジン(single-origin)のコーヒー市場が成長を続けているということです。シングル・ソース(orシングル・オリジン)市場の成長をけん引しているのは、街中の喫茶店と飲食店…

エイジングコーヒー/Aging Coffee

美味しいコーヒーを淹れるための最初のステージの一つ、それがコーヒー生豆エイジングのステージだとエカワ珈琲店は考えています。 一般的に、コーヒーにそれほど興味の無い人には、エイジングコーヒーとオールドコーヒー、この2つは同じように見えるかもし…

スタンプタウンコーヒーの拡大戦略

ニューヨークタイムズのサイトで、「Stumptown Expands With the Help of a Powerful Investor」と題する記事を見つけました。 ロックンロール的な乗りのバリスタが、良質のコーヒーを提供することで人気を博しているオレゴン州ポートランドのコーヒー企業、…

さらぱ、オフィスコーヒーサービス

電力不足に対応するために節電が必要とのことで、官公庁や地方公共団体の施設や学校での節電対策のニュースが流れています。 役所や学校・公共施設で電力を使用する設備や備品は、すべて予算で設置したり購入したものですから、庁舎・施設の管理部門が全てを…

コーヒー生豆の天敵、それは酢酸菌

品質の悪いコーヒー生豆、古くなったコーヒー生豆の持っている、あの何とも言えない嫌悪感を感じる酸味、その原因のほとんどが、コーヒーの果実やコーヒー生豆に付着している雑菌、酢酸菌(さくさんきん)にあるのだと考えています。 『酢酸菌』をウィキペデ…