年老いた珈琲豆焙煎屋のブログ | エカワ珈琲店

年老いた珈琲豆焙煎屋は、連れ合いと2人だけで零細生業パパママ規模のコーヒー豆自家焙煎店を和歌山市で営んでいます。その店の屋号は「エカワ珈琲店」です。そのエカワ珈琲店が発信しているコーヒーストリーを楽しんで頂けたら幸いです

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ショピング案内ページは⇒コチラ

 

ショッピング

急冷で1杯分のアイスコーヒーを作るのに必要なもの、ドリッパーとサーバーとペーパーフィルター

急冷で1杯分のアイスコーヒーを作るのに必要なものは、コーヒードリッパー(1~2杯用)とサーバー(300cc)とペーパーフィルター(101)です。 年老いた珈琲豆焙煎屋は、カリタ社製のコーヒードリッパーとサーバーとペーパーフィルターを使っています。…

キーコーヒーのドリップオン、アマゾンで買えます | キーコーヒーのコーヒー商品

ドリップコーヒーバッグは1杯分のコーヒーの粉がパックされたものです。バッグをカップの縁にかければ、お湯を注ぐだけでコーヒーが完成します。そのため、フィルターやドリッパーを使う必要がありません。セットするだけで簡単にコーヒーを楽しむことができ…

UCCのカプセル式コーヒーマシーン、ドリップポッド | DRIP PODとカプセル式コーヒーは日本式ドリップコーヒーの淹れ方を採用している

専用のコーヒーマシーンとカプセルコーヒーを用意すれば、簡単で便利に1杯のコーヒーを淹れられるのが、カプセル方式のドリップコーヒーです。 カプセル方式のドリップコーヒーについては、ネスプレッソやキューリングが世界的に有名ですが、日本では、それ…

カリタの業務用電動ミルのハイカットミルは、価格的に一番お手頃、コストパフォーマンスも最高です

年老いた珈琲豆焙煎屋夫婦の営むエカワ珈琲店は、1989年開業(喫茶店からの転業)の自家焙煎コーヒー豆小売専門店です。これまで、色々な業務用コーヒーミル(焙煎コーヒー豆粉砕器具)を使ってきましたが、その中で一番気に入っているのがカリタ社のハイカ…

もし自家焙煎コーヒー豆を冷蔵庫・冷凍庫保存するならジップロックは必需品、その理由は

新鮮な自家焙煎コーヒー豆を売る!! それが、エカワ珈琲店の商売コンセプトです。 エカワ珈琲店は、年老いた珈琲豆焙煎屋夫婦が2人だけで営んでいる零細生業パパママ経営の自家焙煎コーヒー豆小売専門店です。 エカワ珈琲店が小売している自家焙煎コーヒー豆…

キューリングのK-Cup (Kカップ)

ポッドコーヒーメーカー(カプセル式コーヒーメーカー)は、素早くコーヒーを淹れられて、後片付けも簡単手軽なコーヒーマシンです。 ハンドドリップの淹れ方とも、普通のドリップ式コーヒーメーカーとも異なった淹れ方を採用しているコーヒーマシンだと年老い…

家庭用コーヒー豆焙煎機、ジェネカフェ Gene Cafe、珈琲問屋楽天市場店で購入できる!!

200g~300gのコーヒー生豆を焙煎することができる電動焙煎機ジェネカフェ(Gene Cafe )が、コーヒー愛好家の間で世界的に人気を博しているようです。 アメリカで人気のこの焙煎機ですが、最近では、日本仕様のGene Cafe(ジェネカフェ)が、アマゾンで…

カリタのペーパーフィルター | カリタの紙フィルター

年老いた珈琲豆焙煎屋夫婦が営んでいるエカワ珈琲店では、ハンドドリップでコーヒーを淹れて飲んでいます。 時々、コーヒーを淹れた時の味を点検する目的で、ペーパーフィルターを使うコーヒーメーカーでコーヒーを淹れて飲むこともあります。 ハンドドリッ…

【アマゾン出品、新着商品】コロンビア・アスプロニオン農協、ブラジル・アプロセム農協、2021年2月新登場

アマゾン出品中、今月の新着商品は、コロンビア・アスプロニオン農協とブラジル・アプロセム農協のコーヒー豆を使って、エカワ珈琲店が「中煎り」の焙煎度合いで自家焙煎したコーヒー豆です。

4杯分のコーヒーをペーパーフィルターを使ってハンドドリップで淹れるのに必要な器具・道具 | 主にカリタ製品を紹介しています

年老いた珈琲豆焙煎屋の朝食は、コーヒーとパンとサラダ・果物と決まっています。 生活の糧を自家焙煎コーヒー豆の小売販売で得ているわけですから、当然と言えば当然なのですが・・・。 コーヒーとパンとサラダ・果物と、喫茶店で提供されるモーニングサー…

【アマゾンで好評販売中】ブラジル・、アプロセム農協(自家焙煎コーヒー豆)、300g、豆の姿形のまま発送

「ワード」をある程度使いこなせるようになる目的とダイレクトメールの販促チラシ・パンフレットの作成を兼ねて< 『エカワ珈琲店のニュースレター』を作成発行することにします。

焙煎コーヒー豆の冷蔵庫・冷凍庫保存にジップロックが必需品だと知らなかった理由

我が家でも、何年も前からジップロック(ZIPLOC)を使っています。しかし、冷蔵庫や冷凍庫で焙煎コーヒー豆を保存する場合、ジップロックは無くてはならない代物だとは知らなかったわけです。 年老いた珈琲豆焙煎屋は知らなかったわけですが、焙煎コーヒー豆を…

【アマゾンで好評販売中】ブラジルのコーヒー(自家焙煎コーヒー豆)、100g×3袋=300g、豆の姿形のまま発送

FLO認証、フェアトレード団体のアプロセム農協から出荷されるコーヒー豆を、和歌山市のエカワ珈琲店の基準で「中煎り」の煎り具合に焙煎しています。

コーヒードリッパー(ロト)、カリタの3穴ドリッパー、メリタの1穴ドリッパー

カリタのドリッパーは穴が3つ、メリタのドリッパーは穴が1つです。 穴が1つのドリッパーよりも穴が3つのドリッパーの方が、当然、抽出したコーヒー成分を含む液体がろ過されてサーバーに落ちてくるスピードが速くなるだろうと思い込んでいました。 お湯…

コーヒーを淹れるときに使うと便利、デジタルクッキングスケール

コーヒーを淹れるときの必需品、重さを測るスケール(ハカリ)です。アナログとデジタルのスケール(ハカリ)がありますが、精密な重さを測ることができるということで、デジタルのキッチンスケール(クッキングスケール)がおすすめです。 コーヒーを淹れる作業で…

ダイニチ工業のコーヒー豆焙煎機 MR-101 (カフェプロ)

4年前(2014年)のことになりますが、日本製で電気式・自動制御のコーヒー豆焙煎機はということでネット検索をすると、300万円以上もするコーヒー豆焙煎機と、ダイニチ工業のカフェプロがヒットしました。

旅行先でお気に入りのコーヒーを楽しむ方法

コーヒーは嗜好品ですから、人それぞれで好みが違います。ですから、旅先で自分好みのコーヒーに出合うのは至難の技だと思います。 その解決方法として、贔屓にしているコーヒー豆自家焙煎店の焙煎コーヒー豆を持って旅に出るという方法があります。 という…