年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲物語

年老いた珈琲豆焙煎屋は、連れ合いと2人だけで零細生業パパママ規模のコーヒー豆自家焙煎店を和歌山市で営んでいます。その店の屋号は「エカワ珈琲店」です。そのエカワ珈琲店が発信しているコーヒーストリーを楽しんで頂けたら幸いです

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ショピング案内ページは⇒コチラ

 

コーヒー商品、珈琲グッズ

【アマゾンで好評販売中】お試し自家焙煎コーヒー豆セット | 100g袋×3銘柄(合計300g) | ネコポス便でお届け

2018年9月27日付けでDaily Coffee News は、インターネットを利用したクレジット決済システムで知られているSquare(スクウェア)とSCA(スペシャルコーヒー協会)は、独立系喫茶店に関する数々のデータを公開していると報道しています。

【アマゾン好評販売中】深味のブレンド/100g×3袋=300g、アイスでもホットでもエスプレッソでも美味

アイスコーヒーでもホットコーヒーでもエスプレッソコーヒーでも、美味しく味わって頂けると思います。ほろ苦さとコク、それとコーヒーの甘味を感じて頂けると思います。 『深味のブレンド/100g×3袋=合計300g、豆の姿形のままでお届け』は、ヤマト…

【アマゾンで好評販売中】コロンビアのコーヒー(自家焙煎コーヒー豆)、100g×3袋=300g、豆の姿形のまま発送

コロンビアの太平洋側の南部に位置するナリーニョ県、そこの農協組織の一つ、アスプロニオン農協が生産するコーヒー豆を原料に使って、焙煎歴30年の年老いた珈琲豆焙煎屋が、30年間愛用している生産用小型コーヒー豆焙煎機(電動ガス式、焙煎最大容量5k…

【アマゾンで好評販売中】エチオピア、モカ・イルガチェフェ、ウォッシュド(自家焙煎コーヒー豆)、300g、豆の姿形のまま発送

エチオピアのイルガチェフェ地方で収穫・生産されるコーヒー豆は、世界中の珈琲屋さんの間で取り合いとなっている人気のコーヒー豆です。 特に、水洗式で精製処理しているイルカチェフェコーヒーの人気は絶大です。 エカワ珈琲店は、水洗式で精製処理してい…

ドリップコーヒーバッグを使って美味しいコーヒーを淹れる方法 | キーコーヒーのドリップオンを使って説明します

ドリップコーヒーバッグは、袋に1杯分のコーヒー粉がパックされていて、その袋(バッグ)をカップの縁に引掛けてお湯を注げば1杯分のコーヒーを淹れられる構造になっています。 ドリップコーヒーバックは、大手・中堅珈琲会社だけに限らず、街中の小さな自家…

キーコーヒーのドリップオン、アマゾンで買えます | キーコーヒーのコーヒー商品

ドリップコーヒーバッグは1杯分のコーヒーの粉がパックされたものです。バッグをカップの縁にかければ、お湯を注ぐだけでコーヒーが完成します。そのため、フィルターやドリッパーを使う必要がありません。セットするだけで簡単にコーヒーを楽しむことができ…

UCCのカプセル式コーヒーマシーン、ドリップポッド | DRIP PODとカプセル式コーヒーは日本式ドリップコーヒーの淹れ方を採用している

専用のコーヒーマシーンとカプセルコーヒーを用意すれば、簡単で便利に1杯のコーヒーを淹れられるのが、カプセル方式のドリップコーヒーです。 カプセル方式のドリップコーヒーについては、ネスプレッソやキューリングが世界的に有名ですが、日本では、それ…

【アマゾンで新発売】エチオピア・モカコーヒー、ナチュラル(自家焙煎コーヒー豆)、100g×3袋=300g、豆の姿形のまま発送

エチオピア・モカコーヒー、ナチュラル【自家焙煎コーヒー豆】は、自然乾燥式精製法で生産したコーヒー豆を、エカワ珈琲店の基準で「中煎り」で焙煎しています。素晴らしいモカフレーバーを楽しんでください。

カフェポッドとは何?、日本カフェポッド協会のホームページを読む

手軽で簡単に素早く、そして清潔にコーヒーを淹れられるという特徴を持っているのが、カフェポッドを使うポッド式コーヒーメーカーです。 ポッド式コーヒーメーカーは、色々なメーカーから発売されていますが、年老いた珈琲豆焙煎屋は使ったことが無いので、…

ポッドコーヒーメーカー(カプセル式コーヒーメーカー)に関するウンチク

目覚めのコーヒー、時間に余裕があればペーパーフィルターを使ってハンドドリップで淹れたコーヒーが最高です。少しだけ忙しければ、普通のコーヒーメーカーで淹れれば、まあまあ美味しいコーヒーを頂けます。 しかし、忙しく時間に追いかけられているなら、…

キューリングのK-Cup (Kカップ)

ポッドコーヒーメーカー(カプセル式コーヒーメーカー)は、素早くコーヒーを淹れられて、後片付けも簡単手軽なコーヒーマシンです。 ハンドドリップの淹れ方とも、普通のドリップ式コーヒーメーカーとも異なった淹れ方を採用しているコーヒーマシンだと年老い…

日本ではダンク式コーヒー、アメリカではシングルサーブインザバッグコーヒー

日本でダンク(浸漬)式コーヒーと呼ばれているコーヒー1杯用ティーバック型袋ですが、アメリカではシングルサーブインザバッグコーヒー( Single-Serve In the Bag)という呼び名で、2017年当たりから注目されつつあるみたいです。 楽天市場、ダンク式コー…

インスタントコーヒー再発見

年老いた珈琲豆焙煎屋は、少量生産(スモールバッチロースト)の自家焙煎コーヒー豆を商っているので、今まで、インスタントコーヒーに興味を持ったことはありません。 しかし、ある程度のお金が稼げる珈琲アフリエイターを目指しているので、この分野を無視す…

【アマゾンで好評販売中】ブラジル・、アプロセム農協(自家焙煎コーヒー豆)、300g、豆の姿形のまま発送

「ワード」をある程度使いこなせるようになる目的とダイレクトメールの販促チラシ・パンフレットの作成を兼ねて< 『エカワ珈琲店のニュースレター』を作成発行することにします。

【アマゾンで好評販売中】ブラジルのコーヒー(自家焙煎コーヒー豆)、100g×3袋=300g、豆の姿形のまま発送

FLO認証、フェアトレード団体のアプロセム農協から出荷されるコーヒー豆を、和歌山市のエカワ珈琲店の基準で「中煎り」の煎り具合に焙煎しています。