年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲物語

年老いた珈琲豆焙煎屋は、連れ合いと2人だけで零細生業パパママ規模のコーヒー豆自家焙煎店を和歌山市で営んでいます。その店の屋号は「エカワ珈琲店」です。そのエカワ珈琲店が発信しているコーヒーストリーを楽しんで頂けたら幸いです

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ショピング案内ページは⇒コチラ

 

2013-12-13から1日間の記事一覧

適正価格について

「いい仕事しているよ」、「これで、この値段は安すぎるよ」、「もう少し高くても、いいんじゃない」などと、お客さんに考えてもらえるような信頼関係を構築できるとすれば、お客さんの考える値段よりも、ちょっとだけ安い価格が『適正価格』ということにな…