当ブログの珈琲関係記事以外の記事は、一部記事を除いて削除しました。メインブログの『年金だけでは食べて行けないので』に再掲載して行く予定です。

日本、アメリカ、ヨーロッパの喫茶店チェーンBEST4

wikipediaより引用 世界的に街でコーヒーを楽しむことが流行していて、世界中の国々で喫茶店チェーンが成長を続けています。 田舎の珈琲屋のおやっさんの独断と偏見に基づく判断基準で、日本とアメリカとヨーロッパの喫茶店チェーンBEST4を書き出してみまし…

国際コーヒーの日/International Coffee Day

2015年から、国際コーヒーデーは、毎年10月1日とされています。 コーヒーは、世界で一番愛されている嗜好飲料です。中毒性があるとという意見もありますが、コーヒーの飲用を禁止している国はありません。

コーヒー生豆から焙煎コーヒー豆まで、成長するコーヒー市場を支えているのは

コーヒーには、果物と同じくらいかそれ以上の抗酸化物質が含まれていると言われています。ですから、コーヒーは、果物と同じで、朝飲むのに適している飲み物だと思います。 目覚めのコーヒーですが、イタリアのエスプレッソコーヒーから日本のドリップコーヒ…

ショッピングセンターは競争相手ですが、アマゾンは取引相手です。

地方のショッピングセンターには、アマゾンは強力な競争相手ですが、地方の町の零細生業パパママ経営の自家焙煎コーヒー豆小売専門店には、アマゾンは大事な大事な取引相手です。 毎月、数千円というそれほど負担にならない出品料を支払って、アマゾンで商品…

オフィスコーヒーサービスは、高価な1杯抽出用コーヒーマシーンのレンタルが決めて

30年近く前のこと、エカワ珈琲店が自家焙煎コーヒー豆小売専門店に衣替えした当初、売上のほとんどをオフィスに焙煎コーヒー豆を配達することで得ていました。 最初は焙煎コーヒー豆を配達するだけでしたが、しばらくすると、お客さんの要望もあってコーヒ…

ホテルや旅館など、宿泊施設の各部屋にコーヒーメーカーが備えつけられているようになったなら

東のキーコーヒー、西の〇〇コーヒーといわれる神戸を本拠とする日本最大のコーヒー企業の幹部社員だった方が、高級ホテルの値段の高いコーヒーよりもコンビニで買う淹れたてコーヒーの方が格段に美味しいと語っています。 1杯100円~150円くらいのコ…

団塊世代とそれに続く世代の老後生活について考えてみました

小生、今年(2018年)の秋で67歳になります。 現在60代半ばならば、健康的な食生活、毎日の運動、積極的な社会参加という健康的なライフスタイルが実践できていれば、大体、80代の半ば過ぎくらいまで健康長寿を続けられると予想されています。 60…

司馬遼太郎さんの「竜馬がゆく」は、歴史小説で青春小説だと思う

誰でもそうなのだと思っているですが、10代の中頃から30歳前後の頃までの十数年の期間が、人生で最も読書量の多い時期だと、もうすぐ67歳(2018年の秋で)になる小生は考えています。 小生ですが、その時期(10代の中頃~30歳くらいまで)、毎週1…

小さな喫茶店が大手中堅の喫茶店チェーンに対抗する方法

昭和の頃に開業して、現在(2018年)も営業しているパパママ経営の喫茶店、何故、30数年~50年近く営業を続けていられるのかというと、その秘訣はスタッフの質(orパパとママの人柄)に依存する割合が高いような気がします。 五木寛之が1968年(昭和…

台風21号、和歌山襲来、相当な被害が・・・

9月4日火曜日、室戸台風以来ともいう非常に強い勢力を持つ台風21号が関西を直撃、我が町和歌山市にも相当な被害をもたらしたようです。 和歌山市内で2万軒(or数万軒)以上が停電、台風が通り過ぎた午後6時でも相当に広い範囲の地域で停電が続いているよ…

コカコーラーがコーヒー第2の波(セカンドウェーブコーヒー)市場に参入する

この写真はWikipediaより引用しています。 コカコーラー社は、8月31日(2018年)、イギリスで2400店舗、ヨーロッパやアジアの国々で1400店舗を運営する喫茶店チェーン「Costa coffee/コスタコーヒー」を数千億円で購入する予定だと報じられて…

フリーランス歴20数年、60代後半の自営業者のつぶやき

昭和から平成の初め頃まで、約14年間公務員の仕事に従事していて、平成4年に脱サラ、その後20数年間に渡って自営業者(orフリーランス)で生活の糧を得ています。 アメリカではフリーランス生活を選択する人が増え続けているようですが、日本でフリーラン…

老後破綻対策は、働いて稼ぎ続ける事しか無いと考えています

NHKスペシャル、老人漂流「団塊世代、しのび寄る老後破産」を、NHKオンデマンドで観たのは2016年4月22日のことでした。 エカワ珈琲店の店主は昭和26年生まれですから、団塊世代の尻尾の部分に位置しています。ですから、他人事だと第三者的に傍観す…

自家焙煎コーヒー豆のアマゾンマーケットプレイス出品で最初につまずいたのは、製品コード免除の申請でした

自家焙煎コーヒー豆はオリジナル商品で製造コードを持たないので、アマゾンマーケットプレイスに居場所はありません。製品コード免除の申請をして居場所を確保する必要があります。アマゾンマーケットプレイス出品作業で最初につまづいたのが、製品コード免…

空に星があるように、今夜は踊ろう、いとしのマックス

小生、昭和50年代に社会人となり働き始めました。カラオケが登場したのも、昭和50年代だったと思います。 社会人になった頃、高度経済成長は終了していましたが、日本経済はまだまだ元気で成長街道を走り続けていて、サラリーマンの収入は毎年毎年増え続…